落ちこぼれの私が稼げるようになった秘密はこちら→私がアフィリエイトで月30万円以上、稼げるようになった秘密

ワードプレスだとインデックスが遅い?確認と対処方法など

よく言われることですがワードプレスだとインデックスが遅い。無料ブログの方が早いので初心者は無料ブログを使ったほうがいいとも言われています。

とは言え、中長期で考えたらワードプレスの方が間違いなく優れています。どちらを使うか迷っているようであれば、個人的にはワードプレスをおすすめします。

また、ワードプレスでもインデックスを早くする方法をいくつか紹介します。

インデックスされたかどうかの確認方法

グーグルにインデックスされたかどうかを確認する方法は簡単です。

URLの前に「site:」を入力してエンターキーなどを押してください。以下のような形で出てきたらインデックスされていないということです。インデックスされている場合はサイトの情報が出てきます。

サーチコンソールのFetchasGoogle4

 

サーチコンソール(ウエブマスターツール)への登録

インデックスを促進する第1段階として、グーグルが運営するサーチコンソール(ウエブマスターツール)へ登録することをおすすめします。

(ちなみにアフィリエイト仲間によるとサーチコンソールへの登録はしない方がいいと思っている人が意外と多くてびっくりしました。何か警告を受けた場合に芋ずる式に警告をうけるとか何とか)

登録しない方がいいといのはちょっと意味が良く分からないのですが個人的には所有している20ぐらいのサイトを全てサーチコンソール(ウエブマスターツール)に登録しています。特にサイト運営に問題がなければ大丈夫でしょうから個人的には登録することをおすすめします。

逆に何かあった場合にはグーグルさんからアドバイスがあるので使うべきでしょう。インデックス促進になるかどうかは分かりませんが、後ほど紹介するFetch as Googleで比較的すぐにインデックスされるようになります。

サーチコンソールで何かエラーが出た時に対処に困ることも多いのですがそれも勉強です(笑)。検索でいろいろと調べて対処しましょう。

サーチコンソール(ウエブマスターツール)

 

サイトマップ送信

サイトマップ送信はワードプレスのサイトの更新をグーグルさんに送ることになります。ワードプレス全体で送ってくれるので定期的に送るといいでしょう。

今回は詳しくは書きませんがサーチコンソール(ウエブマスターツール)でサイトマップ送信のテストも簡単に行えるのでやはりお勧めです。

個人的にはサイトマップ送信についてはプラグインの「Google XML Sitemaps」を使っています。最近では他の用途を主目的とするプラグインでサイトマップ送信までやってくれるものもあるので好みに応じて使い分けるのもいいでしょう。

 

Fetch as Googleを利用してインデックス促進

私がインデックス促進で使っているのはこの「Fetch as Google」です。ワードプレスで作ったばかりのサイトでも比較的早くインデックスされます。早ければ10秒以内にもインデックスされます。

サイトの育ち具合で異なりますが「Fetch as Google」を使うことで間違いなくインデックスが早くなるので使うといいでしょう。記事の性質で早くインデックスして欲しい時には「Fetch as Google」を使うことをおすすめします。

例えばトレンド系の記事などは数日後に需要がなくなることも多くインデックスの早さもアクセスアップの大きな要素となるので使ったほうがいいでしょう。

記事を作ったら必ず使うという人もいますが、個人的にはトレンド系のサイトに使うことはありますがそうではないサイトでは使っていません。正直なところ私の場合は使わないケースの方が圧倒的に多いです。

 

Fetch as Googleの使い方

Fetch as Googleの使い方を簡単に説明します。

まずはサーチコンソール(ウエブマスターツール)左側にあるクロールをクリックしましょう。クロールで出てくる上から3番目に「Fetch as Google」があります。

サーチコンソールのFetchasGoogle

 

クリックすると以下のような画面に移ります。

1)アドレスを入力

2)PCかモバイルを選択

3)取得をクリック

この3つの手順で表示の確認を行います。2番目のPCかモバイルの選択はどちらでも良いという話もあるらしいのですが、個人的にはモバイルからのアクセスが多いのでいつもモバイルにしています。そして、最後に取得を押すと表示の確認ができます。(ちなみに取得してレタリングは意味が分からないのでやっていません)

サーチコンソールのFetchasGoogle2

 

すると、以下のような画面が下に出てきます。ここで右側にある「インデックス取得をリクエスト」をクリックします。

サーチコンソールのFetchasGoogle3

 

最後に「ロボットではない」にチェックを入れて「このURLのみをクロールする」もしくは「このURLと直接リンクをクロールする」のどちらかをチェック。そして送信を押せばOKです。

「このURLのみをクロールする」は月500回、「このURLと直接リンクをクロールする」は月10回まで利用可能です。私は貧乏性なので「このURLのみをクロールする」しか使ったことがないです。たった10回しか仕えないものは使いたくないと思っていたらずっと使えずじまい。ともかく500回の方でも問題なくインデックスされると覚えておいてください。

サーチコンソールのFetchasGoogle5

 

送信すると以下の赤で囲ったところのように「インデックス登録をリクエスト済み」になります。これでOKです。

サーチコンソールのFetchasGoogle6

 

 

Fetch as Googleの注意点

Fetch as Googleは月500回までとなっています。個人的には月100回も使ったことはないので特に問題はないかとは思いますが必要ない場合には使わない方がいいでしょう。

また、使用する頻度が高いとロボットと判断されるのか、クイズのようなものが出てきます。これが結構めんどうなものも多いのでインデックスを急がない記事の場合は使わないほうがいいかもしれません。

 

追記)Fetch as Googleの回数変更など

2018年2月にFetch as Googleの回数が変更されました。1日10回に変更ということで月最高で300回。「この URL と直接リンクをクロールする」は 1 日につき 2 回まで月最高で60回までとなっています。

 

追記2)Fetch as Googleの反応が遅くなった

以前はFetch as Googleをした後にすぐにインデックスされましたが、2018年3月ぐらいからそのスピードが遅くなったように思います。更新頻度を上げてインデックスの速度を上げたほうが良さそう。

 

ワードプレスだとインデックスが遅い?確認と対処方法まとめ

ワードプレスだとインデックスが遅いと言われています。そのためもあって初心者は無料ブログがおすすめとする指導者も多くおられるのですがワードプレスの方が圧倒的に有利なのでもったいないです。

是非、ワードプレスを使ってください。

インデックスが遅くて困る記事についてはサーチコンソールの「Fetch as Google」を使うといいでしょう。

(追記)2018年3月ぐらいからFetch as Googleを使ってもインデックスはそれほど早くなくなりました。更新頻度を上げてインデックス速度を上げたほうが良さそうです。

私が月30万円以上、稼げるようになった秘密

自分で言うのもなんですが私は駄目駄目人間です。能力がなくて脱サラ、自己管理ができないので自営業でもぱっとせず。そんな私が始めたのがアフィリエイトでした。でも毎日の日記で書いている通り、安定的に稼げるようになってきました。

私がアフィリエイトで収入を得られるようになったのは、とある無料セミナーがきっかけです。アフィリエイトってどんなビジネスなのか知りたいという人はこの無料セミナーをチェックしてください。

アフィリエイトやっているのに稼げないという人は特に必見。私はこのセミナーなどのおかげで1日数万アクセスのサイトを複数作れるようになりました。

脱・負け組み無料LINEセミナー

今なら20万円分の教材プレゼント企画しているかも。終了していたらごめんなさい。

(駄目な私の履歴書はこちら→私がアフィリエイトで月30万円以上、稼げるようになった秘密