個人的には睡眠の質はあまり良くないと思います。

かなり長時間睡眠で8時間以上寝るのも普通。

そして「いびき」がひどい。家族からもかなりひどいと言われるのですが眠れないから何とかしてほしいとまでは言われていません。

とりあえず睡眠の質が低い原因に「いびき」もあるかもしれないので対策を講じてみます。

 

いきび対策アプリの導入

まずはアプリ対策アプリを導入。

対策というよりはどの程度「いびき」をかいているのかチェックできるアプリがあります。

それは「いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab) 」というもの。

いびきラボ(Android)

いびきラボ(iPhone)

いびき防止アプリ

このアプリをスマホに入れて動かしながら睡眠すると、、、何と録音してくれるのです。その音の大きさや対策などを表示してくれるという優れもの。

 

いびき防止アプリで測定

使い方は簡単。時間(寝るまでのだいたいの時間)を設定してスタートボタンを押すだけ。

実際にどのぐらいいびきをかいているのか、測定しました。その結果が以下の通り。

いびき防止アプリ状況

喧噪を超えて激しいいびきの時間帯がかなりあることが分かります。しかも寝ているほとんどの時間でいびきをかいている。

また、録音している音も聞こえます。自分のいびきを録音して聞いたのですが、、、やはりひどかったです。自分で自覚できていない「いびき」を初めて自覚しました。

 

いびき防止アプリの対策

いびき対策アプリにていびき対策方法もチェックしました。それが以下の通り。

いびき防止アプリ対策

いろいろとあるのですが、基本的には鼻呼吸をすることでいびきが収まるという感じ。

とりあえず簡単にできそうなところとしては鼻腔拡張ぐらいか?横向きに寝るとか簡単だけど寝返りうったらおしまいだし。

 

いびき対策実践

あまり鼻詰まりは自覚ないのですがとりあえず簡単そうなグッズを購入することを考えました。

 

鼻孔拡張用のテープ

とりあえず鼻孔拡張用のテープを100均で買ってきました。セリアで鼻孔拡張テープ3枚100円を購入。

 

鼻孔拡張テープ

ただし、自分は鼻詰まりというわけでもない。また、このテープを貼ってもとりあえず鼻がスースーするという感触もない。

これは無理かも?どちらかと言えば口を開けないようにするグッズを考えたほうがいいのかも?

 

鼻クリップも購入

と思いつつ、鼻クリップなるものも購入。こちらは数日後に届くかと思います。

いびき対策 ノーズクリップ サポーター

 

マウスピース

対策の中にはマウスピースもありましたが、検索で調べた結果としてはこちらはどうやら歯ぎしり対策っぽい。私のいびきを録音したものを聞いた限りでは歯ぎしりという感じではないのでこちらは除外。

 

フェイスサポーター

個人的にはこれが良さそうな気がしてきました。口を強制的に開かなくするグッズ。鼻孔テープや鼻クリップで効果が無ければこちらを使ってみたいと思います。ただ、こんなのしていて眠れるかな、、、。

いびき防止 グッズ フェイスサポーター

 

マウステープ

調べてたらマウステープなるものも発見。フェイスサポーターよりもこちらの方が効果高いかも?もしかしたらフェイスサポーターよりもこちらを先に試すかもしれません。

マウステープ

 

いびき対策効果確認

とりあえず対策の結果をまとめていきます。その結果はしばらくお待ちください。