先日、アフィリエイトの成立が低いという相談を受けました。

私は物販があまり得意ではないのでたいしたアドバイスができないと思いつつもチェック。

ざっと見たところそれは当然だという判断を下しました。

 

狙っているキーワードは?

まず狙っているキーワードが成約と近いキーワードなのかどうか?ということがポイントとして挙げられます。

例えばダイエット食品で成約率が最も高いワードは何か?

いろいろな考え方がありますが、それなりに有名な商品であればその商品名が最も成約率が高いキーワードになります。

もちろん、「痩せる」とか「ダイエット」という言葉で検索してきた人でも成約率はそれなりに高いのですが、それらの言葉はダイエット食品だけでなくダイエットの方法(運動とか)、ダイエット器具など様々なことを考えて検索してくるのでやはり成約率は劣るのです。

なのでどういったキーワードで流入しているのか?ということをポイントの1つとして考える必要があるでしょう。

タイトルに商品名を入れてそれで上位表示をすることができれば理想ですが、当然のようにそれはかなり難しい。ライバルがひしめき合っています。

ということで間接的なキーワードを狙う必要もありますがその場合は成約率が下がることになります。

どちらを狙うかは自分の実力で選ぶといいでしょう。力のある人はいきなり直接キーワードで狙えばいいと思いますし、力の無い人は両方から狙ったほうがいいと思います。

 

記事の構成はどうか?

また、記事の構成が「とにかくクリックさせる」ということを重視している場合は成約率が落ちることでしょう。1記事に4つも5つも決済のリンクを貼ったら当然のように成約率は落ちることでしょう。

場合によっては誤クリックなどもあるかもしれません。

ただし、こちらは単純に少なくすればいいのか?というと難しいところで例えば決済リンクの数を少なくして成約率が2倍になったとしてもクリック率が半分以下だったら全体としての収益は下がります。

収益最大化を考えて決済リンクの数を調整する必要があります。

となると単純に成約率が高いから良いというものでもなくなってきます。

 

アフィリエイトの成約率についてのまとめ

アフィリエイトの成約率を高くする方法として一番良いのは直接的なキーワードでの流入を考えること。ただし、これは検索などでの上位表示は困難なので、それもやりつつ間接的なキーワードも狙うといいでしょう。

ただし、間接的なキーワードだとどうしても成約率は下がるのでその点は仕方がないこととして考える必要があります。

あと、ページ構成として決済リンクが多いとやはり成約率は下がる傾向にあります。ただし少なければいいというものでもありませんので収益最大化を考えてテストをしていくといいでしょう。

まだまだ他にもあると思うので成約率関係で気づいたことがあればこの記事に追記していきますね。