アフィリエイトと確定申告について

アフィリエイトにも確定申告が必要なの?という声も多く聞かれます。

答えは基本的にYESです。

日本において収入が発生することを何かすれば、それには申告が必要になってきます。ただしいくつかの条件にあてはまれば申告しなくてもいいです。

私は税理士でもないので詳細は税理士に確認して欲しいのですがいろいろなパターンで確定申告してきてその都度、確定申告してきたのである程度のことは分かっているつもりです。

ということで概要だけつかんでください。詳細は税理士や税務署に!

サラリーマンの確定申告

まずはサラリーマンの確定申告から考えてみます。先にも書いたように詳細は税務署もしくは税理士に相談したほうがいいです。たいていは大丈夫だと思いますが修正が必要になると大変です。

 

事業所得と雑所得

サラリーマンが副業をして収入があった場合、事業所得もしくは雑所得で申告することになります。事業所得は継続的な収入、雑所得は一時的な収入なので基本的には事業収入で申告することになるでしょう。

 

確定申告が必要な人

確定申告が必要なのは勤めているのが会社のみの人(1箇所から給与を受けている人)が副業の所得の合計で20万円を越している場合です。

また、複数の会社に勤めている場合は少しややこしいので税務署に問い合わせたほうがいいです。

ちなみに20万円以上の収入があったら必ず確定申告が必要というわけでもありません。あくまでも所得なので必要経費を引いた場合に20万円以下だったら申告しなくてもいいです。必要経費は様々でその年に購入したパソコン、勉強代(情報商材含む)、セミナー代、セミナーに行く交通費、書籍代など様々があります。なので20万円をちょっと越した程度であれば確定申告をする必要がありません。

例えば50万円の収入があっても情報商材購入でその年に30万円以上使っているならば確定申告は必要ないということになります。

 

所得が20万円以下でも確定申告したほうがお得?

所得が20万以下でも確定申告はした方がお得です。先に書いたように最初は情報商材などで多額な出費が出ることもあり、それが必要経費として認められるので所得が実質マイナスになる可能性もわるわけです。

マイナスになったことを確定申告すればサラリーマンの収入との損益通算で収める税金が少なくなります。実質収入が増えたことになります。よく「サラリーマンは副業の収入が少なくても確定申告すれば儲かる」みたいな説明しているところもありますがそれはマイナス申告で税金を取り戻すパターンになります。

ただし、この損益通算ができるのはあくまでも事業として認められうる場合です。先に書いたように継続的な収入ではないと判断されると一時所得扱いで損益通算はできません。

また、収める税金が少なくなることで会社にばれる確率は高くなります。

 

確定申告すると会社にばれる?

確定申告するならばまずは副業を会社になるべくばれないようにしたいところです。そしてばれた場合の説明もできるようになっておくということが大切だと思います。

まず確定申告での納税に「給与から差引き」「自分で納付」があり、これを「自分で納付」にチェックを入れればばれないという話もよく聞かれます。もちろんこの方法でばれる可能性はかなり低くなります。会社からはチェックしようがないわけです。

とは言え、何らかの形でばれる可能性はあると考えたほうがいいでしょう。先に書いたように損益通算マイナスにして収める税金を少なくした場合などは会社にばれる可能性が多少なりとも出てきます。どうしても会社にばれて欲しくないという人はマイナスの時には申告しない方がいいかもしれません。

ということで対策はするとして、ばれた場合の説明も必要だと考えたほうがいいです。

例えば「株やFX、不動産投資などでマイナスが出てそれを確定申告した」とか説明する方法があるらしいです。ただ、これって完全なる嘘なんでこの説明が本当に良いのかどうかは微妙。

個人的には「家族や嫁さんが自分を代表にして事業をしている。その方が損益通算でマイナスの時も税金対策になるからとアドバイス受けたらしい。実施的には自分は名前だけの代表格で何もしていない」という説明を考えていました(これも実質的に嘘なんですが多少なりとも現実に即している)。

事業は始めてからしばらくはマイナスになるのも当たり前です。一方でサラリーマンはプラスしかあり得ないのでアフィリエイトの所得がマイナスなのは税金対策としてぴったりなわけです。少しでもお金が欲しいという人はマイナス時の確定申告も考えておくといいでしょう。

 

自営業者の確定申告

次に自営業者の確定申告から考えてみます。先にも書いたように詳細は税務署もしくは税理士に相談したほうがいいです。たいていは大丈夫だと思いますが修正が必要になると大変です。

 

自営業者の場合は確定申告必要

自営業者の場合は基本的に確定申告が必要です。1円でも収入が発生したら申告する。それが基本ベースです。

これまでの申告に普通に合算して申告すればいいでしょう。副業がマイナスであれば自分のこれまでの所得からマイナスすれば税金対策にもなります。逆にプラスであれば当然のことながら支払う税金は増えることになります。

 

専業主婦の確定申告

専業主婦は基本的に所得が38万円以下ならば確定申告をする必要はありません。38万円を越すと確定申告が必要になり更には扶養から外れてしまいます。

ただ、サラリーマンの時にも書いたように所得とは収入から必要経費を引いたものです。50万円ぐらいのアフィリエイと収入があったとしても必要経費を引いて38万円以下になる場合は確定申告の必要はありません。38万円以下だから申告しないという人は必ず領収書などの書類は取っておきましょう。

ちなみに扶養が外れるのは103万円以下ではないのか?という話もよく聞きます。これはパート勤めなどの場合です。パートの場合必要経費が65万円は認められるので103-65=38万円というラインになるわけです。

 

法律は変わる?

ただ、この辺りの法律は今後、変わりそうな雰囲気です。この配偶者控除の壁が女性が働く意識を下げているということで撤廃する方向の話も良く聞きます。

どのように変わるかは分かりませんのでその辺りの情報もしっかりと確認しておきたいところです。

 

アフィリエイトの確定申告まとめ

アフィリエイトの収入も基本的には確定申告が必要です。サラリーマン、自営業者、専業主婦などで確定申告をしなければいけない所得は違ってくるので注意してください。